メインコンテンツへスキップ

GitLab CI

2023

GitLab CI で artifacts:reports:dotenv を使って Job をまたいで変数を渡す
GitLab GitLab CI
GitLab CI である Job で変数を定義して、それを後続の Job でも使いたいなと思って調べていたら artifacts:reports:dotenv にたどり着いたのでメモ。 以下、使用例 stages: - stage1 - stage2 - stage3 - stage4 job1: stage: stage1 script: - echo "MY_VAR1=first-variable" >> dot.env artifacts: expire_in: 30 mins

2022

Gitlab Ci で Kaniko build し Trivy で scan する
GitLab GitLab CI Kaniko Trivy
GitLab CI でコンテナイメージを Docker daemon の不要な Kaniko で build し、それを Trivy でスキャンする方法 まず、kaniko で --tarPath を指定して tar ファイルで書き出す 書き出す先を artifacts で指定したディレクトリ