メインコンテンツへスキップ

Ansible

2019


Ansible で変数を URL から読み込む
Ansible
外部のサービスとの連携などで IP アドレスを使った設定をすることがあります。この場合に、その相手がテキストや JSON で IP アドレスのリストを公開してくれ
Ansible の block でエラーハンドリング
Ansible
Ansible で一連の処理を実行する際に、途中で失敗したらそれまでの変更も元に戻したいといったことがあるかもしれません。そんな場合に使えるのが Block 機能です

2018


外部 etcd な Kubernetes を DigitalOcean に構築する Ansible Playbook
DigitalOcean Kubernetes Ansible
ケチって都度々々削除するため手作業は辛いので Ansible Playbook にしてみた https://github.com/yteraoka/do-k8s-external-etcd
kubeadm で kubernetes を構築
DigitalOcean Kubernetes Ansible
DigitalOcean の Community サイトにある Tutorials に「 How To Create a Kubernetes 1.10 Cluster Using Kubeadm on Ubuntu 16.04 」というのがあったので試してみる。 Tutorial 書いて提供するとお金がもらえる( Write for DOnations )ということでなん
AWX (OSS 版 Ansible Tower) を試す
Ansible
インストール # CentOS 7 で Installing AWX にある Docker を使ったインストールで試します。 必要なパッケージのインストール $ sudo yum -y install git ansible docker python-docker-py docker daemon の起動 $ sudo systemctl start docker $ sudo systemctl enable

2014


AnsibleでGCEサーバーをセットアップする
Ansible Google Compute Engine gce google
A quick demo of Ansible and GCE http://t.co/6rqxSt41NL — Red Hat Ansible (@ansible) June 27, 2014 A quick demo of Ansible and GCE http://t.co/6rqxSt41NL — Ansible (@ansible) 2014, 6月 27 という tweet を見て、Docker Meetup で GCE の $500 分クーポンをもらっていたのを思い出したの
Ansible でコマンドの出力を後の task で使う
Ansible
Ansible Advent Calendar 2013 のネタとして書こうとした残骸があったので、書いてみる。 Ansible は task の実行結果を register という設定で変数に保存できます。 rc でコマンドの exit code に、st

2013


Ansible Tutorial リニューアルしました
Advent Calendar Ansible
この投稿は Ansible Advent Calendar 2013 の23日目の記事です。 22日目: Ansibleを導入したい人の為のくどきポイント 前回の Advent Calendar ポストの翌日が3736回目の誕生
Ansible 最近の発見
Advent Calendar Ansible
この投稿は Ansible Advent Calendar 2013 の13日目の記事です。 前日はこちら 2打席目です。 息子二人が連続で胃腸炎にかかりゲロとの戦いを強いられていて書こうと思ってい
ansible の copy でファイルを glob 指定する
Advent Calendar Ansible
この投稿は Ansible Advent Calendar 2013 の5日目の記事です。 前日はこちら こんにちは、 Ansible Tutorial をそろそろリニューアルしないといけないなと思いつつ、更新すら全然できていな
#ansible の copy/template で例外対応
Ansible
例外対応って言っても、stacktrace 出すとかじゃないです。ほとんどのサーバーでは共通なんだけど、一部のサーバーでだけ変えたい設定への対
Ansible の fatcs (インベントリ情報) を MongoDB に突っ込む
Ansible mongodb
前回、1.2 系と 1.3 系で変数の優先順位が変わったという記事を書きましたが、template 周りもちょっと変わってるみたいです。 1.2 では次のような
Ansible の変数の優先順
Ansible
Changes in Ansible Variable Precedence Between v1.2 and v1.3 を見たら Ansible の変数の優先順が version 1.2 と 1.3 で変わってるって書いてあるじゃないですか!! まだ本格導入してないから大丈夫だけど、この手
Ansible でユーザーを一括作成する
Ansible
Ansible でユーザーアカウントを一括で作成する方法です。 user モジュール では次のようにして OS アカウントを作成することができますが、沢山のユーザーを作成し
Ansible で Growthforecast をインストールする方法
Ansible
最近 Ansible ブームな私としては Docker で Growthforecast をインストールする方法 を見ると、Ansible でもやりたくなってしまうのです。ということで、サクッと GrowthForecast をインス
Ansible AWX を試す その2 #ansible
Ansible awx Python
前回 の続きです。 AnsibleWorks AWX User Guide では projects/helloworld/helloworld.yml というテスト用の Playbook が載っているのですが、この内容が次のようになっており user: root が指定してあるため Credentials の SSH Username が helloworld.yml で上書
Ansible AWX を試す その1 #ansible
Ansible AWS Python
このところ Ansible Tutorial を書いたりして Ansible ブームなので一昨日見つけた Ansible の WebUI ツール AWX を試してみました。www.ansibleworks.com/ansib