メインコンテンツへスキップ

Posts

2017


GlusterFS + NFS-Ganesha で HA な NFS サーバーを構築する (3)
CentOS GlusterFS
前回 からの続き、 GlusterFS シリーズ です。 今回は snapshot 機能を試します。これのために初回に Thin Provisioned Volume で構築しています。 [root@client ~]# ls /vol1 01 03 05 07 09 11 13 15 17 19 21 23 25 27 29 31 33
GlusterFS + NFS-Ganesha で HA な NFS サーバーを構築する (2)
CentOS GlusterFS
前回 GlusterFS の volume を作成してクライアントとなる Linux からマウントするところまでをやってみました。今回は一部のサーバーが停止してしまったらどうなるのかを試
GlusterFS + NFS-Ganesha で HA な NFS サーバーを構築する (1)
CentOS GlusterFS
GlusterFS と NFS-Ganesha で High-Availability NFS サーバーを構築してみます。 GlusterFS をそのままマウントさせられるクライアントばかりであればわざわざ NFS サーバーにする必要はないです。 OS は CentOS
KVMゲストとしてRancherOSをインストール
KVM RancherOS
CD Boot # virt-install で ISO ファイルから仮想ゲストを作成&起動します $ virt-install \ --name rancher \ --vcpus 1 \ --cpu host \ --memory 2048,maxmemory=4096 \ --os-variant virtio26 \ --cdrom rancheros.iso \ --network network=default,model=virtio \ --disk pool=ytera,size=10,format=qcow2,bus=virtio \ --graphics none storage pool 使ったことなかったので使っ
Ubuntu 17.04 に KVM をインストール
KVM Ubuntu
$ lsb_release -a No LSB modules are available. Distributor ID: Ubuntu Description: Ubuntu 17.04 Release: 17.04 Codename: zesty $ uname -r 4.10.0-20-generic 必要なパッケージをインストール $ sudo apt install qemu-kvm virt-manager virt-top virt-manager を使うために(たぶんほぼ使わないけど) libvirt グループに
RancherOSでsyslogを別サーバーに送る
Docker RancherOS
RancherOS は syslogd も docker container で稼働しています。 OS のサービスとして動かすコンテナは system-docker コマンドで操作します。 $ sudo system-docker ps --format 'table {{.ID}}\t{{.Image}}\t{{.Command}}\t{{.Names}}' CONTAINER ID IMAGE COMMAND NAMES 00d574dcd02a rancher/os-docker:1.12.6 "ros user-docker" docker a086f9e01e66 rancher/os-console:v1.0.1 "/usr/bin/ros entrypo" console d860b0783517 rancher/os-base:v1.0.1 "/usr/bin/ros entrypo"
RancherのKubernetesにサービスをデプロイしてみる(2)
HAProxy Kubernetes Rancher
前回「 RancherのKubernetesにサービスをデプロイしてみる 」の続きです。 前回は guestbook-all-in-one.yaml の type: LoadBalancer をアンコメントして Rancher の Load Balancer サービスが自動で
RancherのKubernetesにサービスをデプロイしてみる
Caddy Kubernetes Rancher HAProxy sacloud
「 さくらのクラウドRancherOSでKubernetes環境を構築 」の続きです。さくらのクラウドで Rancher + RancherOS を使って構築した Kubernetes 環境にサービスを
さくらのクラウドRancherOSでKubernetes環境を構築
Kubernetes Rancher sacloud
「 さくらのクラウドで提供されたRancherOSを試す 」の続きです。 Rancher で Kubernetes 環境を作ってアプリをデプロイしてみます。 Rancher Server セットアップ # Kubernetes 環境を
Caddy という高機能 HTTPS サーバー
Caddy TLS
https://caddyserver.com/ なにやら大変便利そうなものがありました。 HTTP/HTTPS サーバー TLS 証明書の自動更新が可能 (HTTP, DNS 両方対応) HTTP2, QUIC, WebSocket にも対応 Go で書かれているのでマルチプラットフ
HAProxy の X-Forwarded-For 実装の罠
HAProxy
ちゃんと公式ドキュメントを読めっていう話なのですが HAProxy にて X-Forwarded-For をセットするという options forwardfor 設定は通常期待される動作とは違います。ググって見つけた答えは
さくらのクラウドで提供されたRancherOSを試す
Docker Rancher
2017.04.20 に Rancher OSのアーカイブ提供を開始いたしました | さくらのクラウドニュース というニュースが出ていました。 Kubernetes を気軽に立てたり捨てたりする環境として
Kubernetes Secrets を使って minikube に netbox を deploy してみる
Docker Kubernetes minikube netbox
Kubernetes お試し中です。 Rancher で構築するべきか悩み中。 今回は YAML を書いて Deployment , Service を作成して Kubernetes 上に netbox を構築してみます。(netbox は Django + PostgreSQL のデータセンターフ
docker 1.13 の secrets を試す
Docker Swarm
Introducing Docker Secrets Management で紹介されているパスワードなどの機密情報管理の仕組みを試してみました。 サーバー3台を起動 # いつものように DigitalOcean で Docker 1.13 on Ubuntu 16.04 のサーバーを3
ダイニチの加湿器を買ってみた
加湿器
もう10年近く使っていた東芝の加湿器の湿度センサーがお亡くなりになったのか一晩中フル稼働して窓から結露の水が外に流れていくほどになっていたの
Docker 使うなら石川さんごめんなさいしてる場合ではない
CentOS Docker SELinux
Docker を Kubernetes や Swarm でサービスを実行する場合は JSON や YAML などで事前に定義したものを実行するだけなので知っているけどそれほど脅威ではありませんでしたが docker を便
DigitalOcean にて Rancher を試す - その2 (HA構成)
DigitalOcean Docker Rancher
今回は Rancher Server を HA 構成でセットアップしてみます。 https://docs.rancher.com/rancher/v1.3/en/installing-rancher/installing-server/#multi-nodes これまた簡単でした。 前回 試した Quick Start Guide では docker run -d --restart=unless-stopped -p 8080:8080 rancher/server とするだけでした。この Container の中で MySQL も稼働し
IIJmio から LINE Mobile へ MNP で乗り換えた
LINE MNP MVNO スマホ
LINE MOBILE を使ってみようかなと思って IIJmio から乗り換えることにした。 FREETEL の 200kbps であれば3日間制限とかなく 20GB まで使い放題ってのも魅力ではあったものの LINE にして
nodejs がサポートしてなかった結合 gzip ファイル
Lambda AWS gzip nodejs
AWS Lambda で Application Load Balancer (ALB) のログを Elasticsearch へ投入して Kibana でビジュアライズしようと思い nodejs で Lambda Function を書いてみました。 https://github.com/awslabs/amazon-elasticsearch-lambda-samples/blob/master/src/s3_lambda_es.js ここにサンプルがあって、おっ?これはほぼこのまま
ngx_http_limit_req_module でリクエストレートをコントロール
nginx
いつか使いたくなった時のためにメモ。 nginx には ngx_http_limit_req_module というモジュールがあり、リクエストレートをコントロールすることができる。 limit_req_zone $binary_remote_addr zone=one:10m rate=1r/s; とすればクライア