メインコンテンツへスキップ

Posts

2019


bash でパスワード生成
Bash
ちょいちょいランダムな文字列が欲しくなるので Perl で書いたスクリプト使ってたのだけど Bash で出来そうだなということで書いてみたのだが (記号の有無オプ
mac のセットアップ
macOS
初めての Mac を手にいれました。macOS は Catalina (10.15.2) でした。Control と Command キーの使い分けに慣れない。 $ sw_vers ProductName: Mac OS X ProductVersion: 10.15.2 BuildVersion: 19C57 Google Chrome のインストール # Safari で
kind で kubernetes に触れる (1)
Kubernetes
kind のインストール # $ curl -Lo ~/bin/kind \ https://github.com/kubernetes-sigs/kind/releases/download/v0.6.1/kind-$(uname)-amd64 $ chmod +x ~/bin/kind $ kind version クラスタの作成・削除 # クラスタの作成 # $ kind create cluster Creating cluster "kind" ... ✓ Ensuring node image (kindest/node:v1.16.3) 🖼 ✓ Preparing nodes 📦 ✓ Writing configuration 📜 ✓ Starting control-plane 🕹️ ✓ Installing
Wikipedia から今日は何の日かを取得する
Python
先日から go-chromecast で遊んでいますが、これは息子の目覚まし時計代わりに Google Home を使ってるからなのですね。で、適当なメッセージを喋らせていたんですが考えるの
Google Home に Amazon Polly の声で喋らせる
Ubuntu
先日、 go-chromecast で Google Home Mini に任意のメッセージを喋らせる で Google Home に Google の Text-to-Speech を使って任意のメッセージを喋らせましたが、Google のサービスには日本語の声色が
Ubuntu 18.04 で xkb を使ってキーマップをカスタマイズする
Ubuntu keyboard
Laptop でしばらく Windows 10 を使っていたのですが、WSL2 を使おうと思っていじってたらいつまで経ってもシャットダウンが完了せず、毎回強制的に電源を切らな
Lightsail の snapshot を自動で取得する
AWS Lightsail
以前、「 AWS Lightsail の snapshot 取得を自動化する 」という記事を書きましたが、先日 Lightsail の自動スナップショット管理機能がリリースされました「 Amazon Lightsail now provides automatic snapshots 」。日次で
go-chromecast で Google Home Mini に任意のメッセージを喋らせる
go GoogleHome
Google Home Mini に任意のメッセージを喋らせる OSS は昔からいくつかあるし、過去にそれをいじってブラウザから任意のメッセージを与えて喋らせるアプリを書いたり
Ansible で変数を URL から読み込む
Ansible
外部のサービスとの連携などで IP アドレスを使った設定をすることがあります。この場合に、その相手がテキストや JSON で IP アドレスのリストを公開してくれ
Ansible の block でエラーハンドリング
Ansible
Ansible で一連の処理を実行する際に、途中で失敗したらそれまでの変更も元に戻したいといったことがあるかもしれません。そんな場合に使えるのが Block 機能です
Kubernetes in docker の使い方
Docker Kubernetes
Kubernetes in docker (kind) を使えるようになっておこうと思います。今回は DigitalOcean の CentOS 7 で試す。 Docker CE のインストール # Get Docker Engine - Community for CentOS sudo yum remove docker \ docker-client \ docker-client-latest \ docker-common \ docker-latest \ docker-latest-logrotate \ docker-logrotate \ docker-engine sudo
Deco M5 の firmware 更新 1.3.1 Build 20190617 Rel. 47476
WiFi deco
Deco M5 の新しい firmware が公開されていたので更新しました。全然関係なけど今「 TCP 技術入門 」読んでます。 今回の更新内容 # Modifications and Bug Fixes: # Added smart home hub feature and supported to manage kasa devices (lights/plugs/switches)
Curl で時間計測
curl
curl には -w, –write-out というオプションがあり、HTTP のコードやどのフェーズに何秒かかったかなどを出力することができます。ときどき調査で使うのですが、毎
WAL-G で PostgreSQL の Backup や Replica 作成
PostgreSQL
以前、WAL-E について書きました「 WAL-E で PostgreSQL の Backup / Restore 」。今回はその後継っぽい WAL-G を試してみます。WAL-E の4倍速いとのこと ( Introducing WAL-G by Citus: Faster Disaster Recovery for Postgres
Nginx で API Management
nginx
「 NGINX Tokyoハッピーアワー - API:インテリジェントルーティング、セキュリティと管理 」というイベントがありまして API作成、バックエンド基
Deco M5 の firmware 更新 1.2.8 Build 20190403 Rel. 40244
WiFi
Push 通知が来なくて気づいていませんでしたが。Deco M5 の新しい firmware が 公開 されていたので更新しました。 ダウンロードサイト の表記が謎でよくわかりませ
AWS Lightsail の snapshot 取得を自動化する
AWS
https://github.com/amazon-archives/lightsail-auto-snapshots を使うと非常に簡単。 awscli がインストール済みで、認証設定もされているとすると、README に書いてあるように次のように実行すれば CloudFormation で lambda と CloudWatch Event が
CentOS に Git 2.x をインストールする方法
CentOS git
Remote Development with VS Code が発表されました、大変便利そうなので早速試そうと、Vagrant で起動している CentOS 7 へ SSH でアクセスするように設定してみました。が、G
Nomad で Service Job を実行する
Nomad
前回 Nomad クラスタを構築しました。今回はこのクラスタで Job を実行します。 nomad job init # job init コマンドを実行することでスケルトンファイルを生成することができ
Nomad cluster のセットアップ
Consul Hashicorp Nomad
口にするとマサカリならぬ船のホイールが飛んできそうですが、 話題 の Hashicorp Nomad のクラスタをセットアップしてみました。下の図のような構成です。3台のサー