メインコンテンツへスキップ

Posts

2022


RPM の install, uninstall 時に実行される script の確認
Linux
ある RPM Package のインストール、アンインストール時にどんな処理が行われているのか確認したいことがある そんな時な rpm コマンドの --scripts オプションを使用する rpm -qp
/etc/hosts で wildcard や CNAME 対応させたい
DNS macOS
macOS での話です。(macOS Ventura でも機能することを確認しました) /etc/hosts で 203.0.113.2 *.example.com みたいに wildcard に対応させたいことが稀にあります。 また、AWS の Application Load Balancer のように
Gitlab Ci で Kaniko build し Trivy で scan する
gitlab GitLab CI Kaniko Trivy
GitLab CI でコンテナイメージを Docker daemon の不要な Kaniko で build し、それを Trivy でスキャンする方法 まず、kaniko で --tarPath を指定して tar ファイルで書き出す 書き出す先を artifacts で
Anthos Service Mesh の Outbound Access Log を出力する
Istio GCP Anthos
Anthos Service Mesh のアクセスログはデフォルトでは Service への Inbound しか出力されません。 エラーが発生した場合は Outbound のログも出力されます。 出力先は Cloud Logging で HTTP の情報は Load Balancer な
Kubernetes で StatefulSet の Volume を resize する
Kubernetes
Kubernetes で StatefulSet に volumeClaimTemplates を指定して Persistent Volume を使用している環境で volume のサイズを変更する方法。 素直に StatefulSet の manifest を変更して apply しようとすると次のように StatefulSet で更新可能なのは replicas, template,
DNS over HTTPS 通信の中身を確認する
DNS DOH Python
iPhone の HTTP(S) 通信を OWASP ZAP で覗いてみたたら 8.8.8.8, 8.8.4.4 に対して DNS over HTTPS の通信を見つけたのでどんなやり取りをしているのか確認してみた。 DNS over HTTPS でのリクエスト # リクエ
apt-key is deprecated への対応
Debian Linux
Debian 系の Linux で古いインストール手順なんかを見てコマンドをコピペしていると出くわすこのメッセージ Warning: apt-key is deprecated. Manage keyring files in trusted.gpg.d instead (see apt-key(8)). package 署名の公開鍵の管理方法が
iPhone の通信を覗く
tcpdump iPhone
先日 iPhone のアプリが https で通信している内容を覗いてみようと HTTP プロキシに OWSAP ZAP を指定して覗いてみました。 OWASP ZAP が動的に証明書を発行してくれるので、その発
Graceful Node Shutdown で Terminated 状態で残る Pod を削除する cronjob
Kubernetes
GKE (GKE 限定な話ではないけれども) で Preemptible な node を使用していると Graceful Node Shutdown により停止させられた Pod が Failed 状態でどんどん溜まっていって結構邪魔です。 できれば消え
envoy-sidecar-helper で Job の終了後に istio-proxy を停止させる
Istio Kubernetes
Istio を導入した環境で Job (CronJob) を実行すると、sidecar としての istio-proxy コンテナを Job 本来の処理が終わった後に istio-proxy コンテナを終了させないといつまで経っても Pod
GKE Service の NEG を Terraform で作成する
GKE Terraform
GKE の Ingress で Load Balancer を作成すると、同一 namespace 内の Service にしか振り分けられないとか、単一の Cluster でしか使えないとか不都合な場合があります。その場合 Load Balancer 関連のリソー
istio-proxy の log level を変更する
Istio Kubernetes
Istio でよくわからない通信の問題が発生した際、Envoy の access log だけでは何が起きているのかわからない場合があります。そんなとき、当該 Pod の LogLevel を debug に変
Mizu で kubernetes 内の通信を覗く (part 1)
Kubernetes
Mizu - API Traffic viewer for Kubernetes というものの存在を知ったので試してみます。 サイトには次のように書いてあります。気になります。 Mizu offers a real-time view of all HTTP requests, REST and gRPC API calls, as well as
istio sidecar の停止を connection がなくなるまで遅らせる
Envoy Istio Kubernetes
新機能 EXIT_ON_ZERO_ACTIVE_CONNECTIONS # 以前、「 Istio 導入への道 – sidecar の調整編 」という記事で、Istio の sidecar (istio-proxy) が、アプリの終了を待たずに停止してしまってアプリ側が通信できなくな
telepresence 入門 (2)
Kubernetes telepresence
前回の telepresence 入門 (1) の続きです。今回は Kubernetes クラスタの Service へのアクセスをインターセプトして手元の環境に転送することを試します。Kubernetes 側の volume
Docker on Lima
Docker
以前、「 Lima で nerdctl 」という記事を書きました。その後、lima の VM 上で docker daemon を実行し、ホスト側から docker コマンドでアクセスするという方法があることを知り

2021


telepresence 入門 (1)
Kubernetes telepresence
telepresence というツールがあります。手元の端末が Kubernetes クラスタ内にいるかのような通信を可能にし、Kubernetes の Pod の Container への通信をインターセプトして手
CloudFront のレスポンスに Security Headers を追加する
AWS
「 Amazon CloudFront が設定可能な CORS、セキュリティ、およびカスタム HTTP レスポンスヘッダーをサポート 」で Lambda@Edge なしで Response にカスタムヘッダーを追加することが可能に
EKS の node で inotify の上限
AWS KES
https://github.com/awslabs/amazon-eks-ami/pull/589/files inotify の上限に引っかかり、ssm でログインできなくなったりする。あまり古い EKS AMI を使っていなければ大丈夫
mac で podman
Docker Podman
Docker Desktop 代替シリーズ第三部、Podman です。( 第一部 minkikube 編 、 第二部 Lima + nerdctl 編 ) Podman については Red Hat さんのブログ が大変参考になります。 今回の Docker 社によるラ