Cinnamon のキーボードショートカット

Cinnamon で使いそうなキーボードショートカットの一覧

Super は Windows キー

ワークスペース一覧 Ctrl + Alt + Up
Windowの最大化 Super + Up
Windowの最大化解除 Super + Down
Windowを閉じる Alt + F4
デスクトップを表示 Ctrl + Alt + d
Window切り替え Alt + Tab
右のワークスペースに切り替え Ctrl + Alt + Right
左のワークスペースに切り替え Ctrl + Alt + Left
カスタムショートカット
Terminal起動
Ctrl + Alt + t

Cinnamon でのワークスペース切り替え

Linux Mint を使い始めたが、小さなモニターでの作業は辛いのでワークスペースを切り替えながら使おうと思ったらどこで切り替えるのかわからず・・・

Cinnamon の設定からできるらしいと分かったのだが、はて、どこにその設定画面が・・・
と探してたら右下に上矢印っぽいアイコンがあってそこから行けました。
「すべての設定」から「ホットコーナー」で設定。
しかし、わざわざ角までポインタを移動させるのは大変だ。キーボードショートカットはなんだろう?

Alt+F1 で切り替え画面になるので、その後ワークスペースの数字を入力して切り替えるか左右の矢印キーで切り替えられることが分かった。

さらに、キーボードの設定からショートカットで設定可能だった。
Ctrl+Alt+Right, Ctrl+Alt+Left で左右に切り替え可能。

iPhone のニュースリーダーアプリ

iPhone でニュース記事などを読むのに Site Viewer の頃から長らく ニュースボード を愛用していました。オフラインで読めるようにキャッシュされるし、任意の RSS から本文全体をスマホ用に変換してくれるので全文が読める。さらに、2ページ、3ページに渡る記事もまとめてくれるので大変重宝していました。
しかし、iPhone5 になってからたまに記事取得時に落ちたり、ずっと iPhone5 のディスプレイサイズに対応してもらえなかったり、一部のサイトで装飾された文字が消えてしまうという問題が改善されないので他のに乗り換えたいと何度か考えてました。が、なかなか私の希望を満たしてくれるものが見つからないでいました。

そして最近ついに見つけました。Newsify RSS Reader (Google Reader Client) です。
まず、何より見た目がカッコイイ!!

でもただの Google Reader では記事本文が入ってなかったりするので物足りません。
そこで Full Text Feed を組み合わせることにしました。この組み合わせなかなかイケてます。

VAIO T11 に Linux Mint 14.1 をインストール

Mac Book Air に惹かれながらも、Mac OS X が好きになれないので Sony の Ultrabook VAIO T11 を購入し、Linux Mint をインストールしました。

持ち運び重視なら注目! 11.6型Ultrabook「VAIO T 11」

この VAIO Tシリーズは Ultrabook でありながら、メモリ、HDD/SSD、バッテリーが自分で交換できるというスグレモノ。

Sony Store でメモリを Max の 8GB にし、他は一番廉価かモデルを選択。
購入後に HDD は SSD M4-CT128M4SSD1 に交換し、Linux Mint をインストールしました。

光学ドライブは無いため Universal USB Installer で USB のインストーラーを準備しましたが、HDD 以外から起動する方法が最初わからなくて悩みました。
きっと起動時に Function キーのどれかを押すんだろうと思って試そうとしたが、UEFI ブートが高速すぎて押す隙がありません...

付属のドキュメントを読んだら「ASSITキー」という専用の起動ボタンがありました。
ここから起動するとリカバリしたり他のメディアから軌道させることができます。

インストールが完了し、再起動したらやはり「Secure Boot」の制限にひっかかりましたので「Secure Boot」を無効にしました。

タッチパッドもカメラも有線・無線LANも問題なく動作してます。

Linux でメモリの型番を調べる

dmidecode コマンドを使ってハードウエアの情報が取得できます。
"-t memory" と指定すればメモリの情報だけを取得できます。

$ sudo dmidecode -t memory
# dmidecode 2.11
# SMBIOS entry point at 0xaaebdf18
SMBIOS 2.7 present.

Handle 0x000B, DMI type 16, 23 bytes
Physical Memory Array
	Location: System Board Or Motherboard
	Use: System Memory
	Error Correction Type: None
	Maximum Capacity: 2 GB
	Error Information Handle: Not Provided
	Number Of Devices: 2

Handle 0x000C, DMI type 17, 34 bytes
Memory Device
	Array Handle: 0x000B
	Error Information Handle: Not Provided
	Total Width: 64 bits
	Data Width: 64 bits
	Size: 4096 MB
	Form Factor: SODIMM
	Set: None
	Locator: SODIMM1
	Bank Locator: Bank 0
	Type: DDR3
	Type Detail: Unknown
	Speed: 1333 MHz
	Manufacturer: Unknown
	Serial Number: 00000000
	Asset Tag: Unknown
	Part Number: Not Specified
	Rank: 1
	Configured Clock Speed: 1333 MHz

Handle 0x000D, DMI type 17, 34 bytes
Memory Device
	Array Handle: 0x000B
	Error Information Handle: Not Provided
	Total Width: 64 bits
	Data Width: 64 bits
	Size: 4096 MB
	Form Factor: SODIMM
	Set: None
	Locator: SODIMM2
	Bank Locator: Bank 1
	Type: DDR3
	Type Detail: Unknown
	Speed: 1333 MHz
	Manufacturer: Samsung
	Serial Number: 00ACDF4C
	Asset Tag: Unknown
	Part Number: M471B5273DH0-YH9  
	Rank: 2
	Configured Clock Speed: 1333 MHz