Vim の template

自作 RPM を作ろうかと思って

vim xxx.spec

って実行したら

Name:
Version:
Release:        1%{?dist}
Summary:

Group:
License:
URL:
Source0:
BuildRoot:      %(mktemp -ud %{_tmppath}/%{name}-%{version}-%{release}-XXXXXX)

BuildRequires:
Requires:

%description


%prep
%setup -q


%build
%configure
"/usr/share/vim/vimfiles/template.spec" 42L, 405C             1,1           Top

って表示されて、「えっ!新規ファイルだったはずなのに!?なんで?」と驚いてしまいました。template 機能があるんですね。/etc/vimrc に

autocmd BufNewFile *.spec 0r /usr/share/vim/vimfiles/template.spec

って書いてありました。

:h template

で help が出てきます。