メインコンテンツへスキップ
  1. Posts/

openssl s_client で SMTP 認証

AWS SMTP ssl
yteraoka
著者
yteraoka

Amazon SES で SMTP を使ってメール送信したい場合、IAM User の credentials をちょいと加工してやる必要があります。

Amazon SES SMTP 認証情報を取得

これで、変換した値が正しいことを確認するために実際にメールの送信を試すわけですが、使えるメール送信ツールがないという場合に openssl コマンドでやればいっかということでメモ。

SMTP 認証は PLAIN 方式とすることにしたので次のコマンドの出力を AUTH PLAIN コマンドの引数として渡します。

printf "${USERNAME}\0${USERNAME}\0${PASSWORD}" | base64 -w 0

接続は port 587 に対して STARTTLS を使います。

openssl s_client \
  -connect email-smtp.ap-northeast-1.amazonaws.com:587 \
  -starttls smtp -crlf -quiet

ここで -quiet-ign_eof をつけない場合、terminal から R とか Q を type した際に renegotiate や close 扱いとなり、切断されてしまうので注意。(RCPT TO コマンドを送ろうとして失敗します)
OpenSSL が version 3.2 であれば -nocommands でも可。( openssl s_client / CONNECTED-COMMANDS)

あとは普通の SMTP 通信なので

> EHLO example.com
< 250-email-smtp.amazonaws.com
< 250-8BITMIME
< 250-STARTTLS
< 250-AUTH PLAIN LOGIN
< 250 Ok
> AUTH PLAIN (上記で base64 encode した値)
< 235 Authentication successful.
> MAIL FROM: sender@example.com
< 250 Ok
> RCPT TO: receipient@example.com
< 250 Ok
> DATA
< 354 End data with <CR><LF>.<CR><LF>
> Subject: test
>
> test
> .
< 250 Ok xxxxx
> QUIT
< 221 Bye

てな具合です。