メインコンテンツへスキップ
  1. Posts/

Kubernetes で StatefulSet の Volume を resize する

Kubernetes

Kubernetes で StatefulSet に volumeClaimTemplates を指定して Persistent Volume を使用している環境で volume のサイズを変更する方法。

素直に StatefulSet の manifest を変更して apply しようとすると次のように StatefulSet で更新可能なのは replicas, template, updateStragety だけだよとエラーになります。

Error: UPGRADE FAILED: cannot patch “{NAME}” with kind StatefulSet: StatefulSet.apps “{NAME}” is invalid: spec: Forbidden: updates to statefulset spec for fields other than ‘replicas’, ’template’, and ‘updateStrategy’ are forbidden

Persistent Volume のサイズ変更>

Persistent Volume のサイズ変更 #

Kubernetes 1.11 以降 (1.14 までは Pod の停止が必要) Persistent Volume (PV) のサイズは Persistent Volume Claim (PVC) の spec.resources.requests.storage を変更したら PV のサイズが更新されます。

StorageClass の対応>

StorageClass の対応 #

前提として PV, PVC で使用している StorageClassallowVolumeExpansiontrue になっている必要がある。

環境によってはデフォルトで有効になっている。

$ kubectl get storageclass
NAME                 PROVISIONER             RECLAIMPOLICY   VOLUMEBINDINGMODE      ALLOWVOLUMEEXPANSION   AGE
premium-rwo          pd.csi.storage.gke.io   Delete          WaitForFirstConsumer   true                   280d
standard (default)   kubernetes.io/gce-pd    Delete          Immediate              true                   280d
standard-rwo         pd.csi.storage.gke.io   Delete          WaitForFirstConsumer   true                   280d

古くから使用しているクラスタでは StorageClassallowVolumeExpansion を追加する必要があるかもしれない。

Persistent Volume Claim の更新>

Persistent Volume Claim の更新 #

Volume を resize する場合は PV ではなく PVC を編集すると、自動で Volume を拡張してくれる。縮小には対応しない。

この用途で PV を直接いじってはいけない。

kubectl patch コマンドで更新する場合は次のようにすることができる

kubectl patch pvc PVC_NAME -p '{"spec":{"resources":{"requests":{"storage":"100Gi"}}}}'

これで PV の size が拡張されます。

ファイルシステムの拡張>

ファイルシステムの拡張 #

Block Device の場合、通常は File System の拡張も必要になります。

Kubernetes 1.24 からは Online File System Resizing が有効になっており、自動で File System も拡張されるようですが、それより古い Kubernetes では Pod の再作成が必要になります。

それまでの間 PVC の status の capacity は変更前のままで conditions に typeFileSystemResizePending というものが入っています。

status:
  accessModes:
  - ReadWriteOnce
  capacity:
    storage: 10Gi
  conditions:
  - lastProbeTime: null
    lastTransitionTime: "2022-10-18T09:34:06Z"
    message: Waiting for user to (re-)start a pod to finish file system resize of
      volume on node.
    status: "True"
    type: FileSystemResizePending
  phase: Bound

kubectl delete pod で Pod を消して再作成すれば File System が拡張されて PVC の状態も正常になります。

StatefulSet の volumeClaimTemplates の更新>

StatefulSet の volumeClaimTemplates の更新 #

StatefulSet から作成された PVC を変更してやれば、それぞれの volume のサイズを拡張することは可能ですが、その後 replicas を変更した場合には拡張前の size の volume が作られてしまいます。 できれば StatefulSet の volumeClaimTemplates の値も更新したいところです。ですが、冒頭で述べたように volumeClaimTemplates の変更は拒否されてしまいます。

StatefulSet ですから当然まるっと削除して作り直したくはないわけです。

こんな時に使える技が kubectl delete--cascade=orphan です。(昔は --cascade=false だったみたい)

次のように実行すると StatefulSet から作成された Pod は残したまま StatefulSet を削除してくれるので

kubectl delete sts STATEFULSET_NAME --cascade=orphan

この後に再度 StatefulSet の manifest を apply してやれば Pod や volume を削除せずに StatefulSet を更新することができます。

Persistent Volumes | Kubernetes をちゃんと読んでおこう。