Sponsored links

mailx コマンドでメール送信テスト

昔、メールサーバーを管理していた時から使ってた Perl で書いた smtp クライアントがどこに行ったかわからなくなったけど、確か mailx コマンドで出来るっぽかったなということで試してみた。他にも github に何か便利そうなツールがあった気がするけど探し出せない…

試した環境は AmazonLinux 2 です。mailx コマンドは mailx というパッケージに入っています。

$ rpm -qf $(which mailx)
mailx-12.5-19.amzn2.x86_64

Google アカウントで SMTP サーバーを使ってメールを送る方法は「プリンタ、スキャナ、アプリからのメール送信」にあります。

送信方法は次の通り。465/tcp の SMTP over SSL/TLS には非対応かな。

echo メッセージ本文 \
| mailx -n -v \
  -S smtp=smtp.gmail.com:587 \
  -S smtp-auth=plain \
  -S smtp-auth-user=username@gmail.com \
  -S smtp-auth-password=アプリパスワード\
  -S smtp-use-starttls \
  -S ssl-verify=ignore \
  -S nss-config-dir=/etc/pki/nssdb \
  -S from="表示名 <username@gmail.com>" \
  -s "サブジェクト" \
  -c CCメールアドレス \
  -b BCCメールアドレス
  -a 添付ファイルのpath \
  宛先メールアドレス

日本語など us-ascii 外のバイト列が含まれる場合は自動で charset を utf-8 にしてくれますし、添付ファイルの Content-Type もバイナリなら octet-stream になるし、テキストファイルなら text/plain になります。ヘッダー内の非 ascii は utf-8 の Base64 encode にしてくれます。ステキ。

アプリパスワードについては「アプリ パスワードでログイン」を参照

smtp.gmail.com の EHLO のレスポンスです。通常の SMTP サーバーでは見かけない認証に対応してますね。

250-smtp.gmail.com at your service, [203.0.113.10]
250-SIZE 35882577
250-8BITMIME
250-AUTH LOGIN PLAIN XOAUTH2 PLAIN-CLIENTTOKEN OAUTHBEARER XOAUTH
250-ENHANCEDSTATUSCODES
250-PIPELINING
250-CHUNKING
250 SMTPUTF8
Copied title and URL