Sponsored links

mac のセットアップ

初めての Mac を手にいれました。macOS は Catalina (10.15.2) でした。Control と Command キーの使い分けに慣れない。

$ sw_vers 
ProductName:	Mac OS X
ProductVersion:	10.15.2
BuildVersion:	19C57

Google Chrome のインストール

Safari で Chrome (googlechrome.dmg) をダウンロードし、アプリケーションフォルダにコピーする。

brew cask でインストールするのとどっちが良いのかな?

Homebrew のインストール

個人で入れるものはホームディレクトリ配下に入れるのが良いのかなと思い、Homebrew をホームディレクトリ以下にインストール を参考にインストール。

mkdir $HOME/.homebrew ¥
  && curl -L https://github.com/Homebrew/brew/tarball/master ¥
  | tar xz --strip 1 -C $HOME/.homebrew
PATH=$HOME/.homebrew/bin:$PATH
export HOMEBREW_CACHE=$HOME/.homebrew/cache
brew update

Homebrew cask

homebrew-cask で GUI アプリのインストール(管理)もできるらしい。

brew cask install visual-studio-code

~/Applications/ ではなく /Applications/ にインストールされました。

Brew でいくつかインストール

Google Cloud SDK

brew cask install google-cloud-sdk

bq, docker-credential-gcloud, gcloud, git-credential-gcloud.sh, gsutil が homebrew の bin/ に symlink される

jq

brew install jq

tfenv

brew install tfenv

goenv

brew install goenv

が、古くて 1.11 までしか出てこないので手動でインストールすることにした…

kubectl

brew install kubernetes-cli
$ kubectl version --short --client
Client Version: v1.14.8

古っ!と思ったらこれは docker といっしょにインストールされた /usr/local/bin/kubectl だった… 邪魔だな。brew で入れたのはこの時点 (2019-12-23) では 1.17.0 だった。

GNU tools

Linux のつもりで使ってるとハマるので Gnu のツールを入れる。通常の path には gsed などと g prefix がついたものが置かれる。$(brew --prefix)/opt/gnu-sed/libexec/gnubinPATH の手前の方に入れておけば g 無しで使える。

brew install coreutils
brew install gnu-sed
brew install gawk
brew install gnu-tar

direnv

github.com/direnv/direnv

brew install direnv

~/.zshrc に次の行を追加して hook を設定する

eval "$(direnv hook zsh)"

wakeonlan

家の別の PC を起こすため

brew install wakeonlan

Terminal の設定

Iceberge プロファイルをインストール

プロファイルをダウンロードして、ターミナルアプリの環境設定からそれを読み込んで、自分好みにちょっといじる。フォントサイズとかウインドウサイズとか背景の透過とか。

Docker のインストール

Homebrew でインストールする

brew install docker
brew cask install docker
open /Applications/Docker.app

DockerをHomebrewでMac OSに導入する方法

Zsh

デフォルトの Login Shell は zsh でした。使ったことない。~/.zlogin, ~/.zshrc を書けば良いようだ。

zplug

Zsh のプラグインマネージャーとして github.com/zplug/zplug をインストール

brew install zplug
export ZPLUG_HOME=/Users/teraoka/.homebrew/opt/zplug
source $ZPLUG_HOME/init.zsh

# pure prompt 設定
zplug mafredri/zsh-async, from:github
zplug sindresorhus/pure, use:pure.zsh, from:github, as:theme

if ! zplug check --verbose; then
    printf "Install? [y/N]: "
    if read -q ; then
        echo; zplug install
    fi
fi

#zplug load --verbose
zplug load

pure-prompt

プロンプトは Powerline を入れようかと思ったけれども面倒だから github.com/sindresorhus/pure を使うことにしました。

README には npm で入れる方法が書いてあったのですが、インストールに npm を使うだけで prompt としての動作には不要っぽいのでマニュアルインストールを選択… したんだけど、その後 zplug で入れられることがわかった

マニュアルインストール

mkdir -p "$HOME/.zsh"
git clone https://github.com/sindresorhus/pure.git "$HOME/.zsh/pure"

.zshrc への追加

fpath+=("$HOME/.zsh/pure")
autoload -U promptinit; promptinit
prompt pure

zplug でのインストール

マニュアルインストールのやつは全部不要

.zshrc に入れる

zplug mafredri/zsh-async, from:github
zplug sindresorhus/pure, use:pure.zsh, from:github, as:theme

Zsh の補完

Homebrew でインストールしたコマンドの補完用スクリプトは $(brew --prefix)/share/zsh/site-functions/ 配下に symbolic link が張られるため、.zshrc でここを fpath に追加するなどする

fpath+=($(brew --prefix)/share/zsh/site-functions)
autoload -U compinit
compinit -u

Git

システムワイドな .gitignore 設定

git config --global core.excludesfile ~/.gitignore_global

グローバルで.gitignoreを適応する
github.com/github/gitignore

git-secrets

brew install git-secrets
git secrets --register-aws --global

クラウド破産しないように git-secrets を使う

Remote Desktop クライアント

Microsoft Remote Desktop 10

Copied title and URL