Sponsored links

Curl で時間計測

curl には -w, –write-out というオプションがあり、HTTP のコードやどのフェーズに何秒かかったかなどを出力することができます。ときどき調査で使うのですが、毎回 man curl することになるのでコピペで使えるようにメモっておく

curl -so /dev/nul -w "http_code: %{http_code}\ntime_namelookup: %{time_namelookup}\ntime_connect: %{time_connect}\ntime_appconnect: %{time_appconnect}\ntime_pretransfer: %{time_pretransfer}\ntime_starttransfer: %{time_starttransfer}\ntime_total: %{time_total}\n" https://www.google.com/

これで次のような出力が得られる

http_code: 200
time_namelookup: 0.002
time_connect: 0.005
time_appconnect: 0.054
time_pretransfer: 0.054
time_starttransfer: 0.126
time_total: 0.126

他にも次のような変数が用意されている

content_type
レスポンスの Content-Type
filename_effective
curl が書き出すファイル名。--remote-name--output とともに使う場合にのみ意味を持つ。--remote-header-name と使うのが最も有用 (7.25.1 で追加された)
ftp_entry_path
FTP でログインした際の最初のディレクトリ path (7.15.4 で追加された)
http_code
レスポンスのコード 200 とか 404 とか。最後のレスポンスのコードなので、リダイレクト先へもアクセスする場合はリダイレクト後のレスポンス。7.18.2 で response_code という alias が追加された
http_connect
CONNECT に対するレスポンスのコード (7.12.4 で追加された)
local_ip
接続時のローカル側のIPアドレス (7.29.0 で追加された)
local_port
接続時のローカル側のポート番号 (7.29.0 で追加された)
num_connects
Number of new connects made in the recent transfer. (7.12.3 で追加された)
num_redirects
リダイレクトされた回数 (7.12.3 で追加された)
redirect_url
-L を使わず、redirect 先にアクセスしない場合に redirect 先が入っている (7.18.2 で追加された)
remote_ip
接続先のIPアドレス (7.29.0 で追加された)
remote_port
接続先のポート番号 (7.29.0 で追加された)
size_download
ダウンロードしたバイト数。ヘッダーを含む
size_header
レスポンスヘッダーのバイト数
size_request
リクエストのバイト数
size_upload
リクエストボディのバイト数
speed_download
ダウンロードの平均 Bytes per second
speed_upload
アップロードの平均 Bytes per second
ssl_verify_result
証明書の検証結果、0 が成功 (7.19.0 で追加された)
time_appconnect
TLS ハンドシェイクが完了するまでにかかった時間(秒)
time_connect
TCP の connect が完了するまでの時間(秒)
time_namelookup
名前解決が完了するまでにかかった時間(秒)
time_pretransfer
ファイル転送が始まるまでにかかった時間(秒)
time_redirect
リダイレクトを辿った最後のリクエストまでの時間(秒)
time_starttransfer
レスポンスの最初のバイトを受け取るまでの時間(秒)
time_total
ダウンロードが完了するまでの時間(秒)
url_effective
最後にリクエストした URL

「時間(秒)」は単位は秒だが制度はミリ秒

毎度長ったらしい引数を指定するのは煩わしいです。そんな場合は -w @filename のようにしてファイルで渡すことができます。次の内容のテキストファイルを curl.out という名前(任意)で作成し、

content_type:       %{content_type}\n
filename_effective: %{filename_effective}\n
ftp_entry_path:     %{ftp_entry_path}\n
http_code:          %{http_code}\n
http_connect:       %{http_connect}\n
local_ip:           %{local_ip}\n
local_port:         %{local_port}\n
num_connects:       %{num_connects}\n
num_redirects:      %{num_redirects}\n
redirect_url:       %{redirect_url}\n
remote_ip:          %{remote_ip}\n
remote_port:        %{remote_port}\n
size_download:      %{size_download}\n
size_header:        %{size_header}\n
size_request:       %{size_request}\n
size_upload:        %{size_upload}\n
speed_download:     %{speed_download}\n
speed_upload:       %{speed_upload}\n
ssl_verify_result:  %{ssl_verify_result}\n
time_appconnect:    %{time_appconnect}\n
time_connect:       %{time_connect}\n
time_namelookup:    %{time_namelookup}\n
time_pretransfer:   %{time_pretransfer}\n
time_redirect:      %{time_redirect}\n
time_starttransfer: %{time_starttransfer}\n
time_total:         %{time_total}\n
url_effective:      %{url_effective}\n

-w @curl.out で指定すれば次のような出力が得られます。-w @- と、ファイル名を「-」にすれば標準入力から渡すこともできます

$ curl -so /dev/null -w @curl.out https://www.google.com/
content_type:       text/html; charset=ISO-8859-1
filename_effective: /dev/null
ftp_entry_path:
http_code:          200
http_connect:       000
local_ip:           172.26.45.140
local_port:         43760
num_connects:       1
num_redirects:      0
redirect_url:
remote_ip:          172.217.25.228
remote_port:        443
size_download:      12618
size_header:        772
size_request:       78
size_upload:        0
speed_download:     98443.000
speed_upload:       0.000
ssl_verify_result:  0
time_appconnect:    0.052
time_connect:       0.004
time_namelookup:    0.001
time_pretransfer:   0.052
time_redirect:      0.000
time_starttransfer: 0.128
time_total:         0.128
url_effective:      https://www.google.com/

Comments