Sponsored Links

CentOS に Git 2.x をインストールする方法

Voiced by Amazon Polly

Remote Development with VS Code が発表されました、大変便利そうなので早速試そうと、Vagrant で起動している CentOS 7 へ SSH でアクセスするように設定してみました。が、Git 2.0 以降をインストールしてねと表示されてしまったので、さてどうやってインストールしようかなと確認したメモ。Source から自前で compile して入れるのではなく yum で入れたいなと。

The Software Collections ( SCL ) RepositoryIUS Community Project が候補となるようです。SCL はインストール先がちょっと特殊で使いづらいので IUS かな。

IUS

IUS の git をインストールするには先に標準 repository から入れている git を削除する必要があります。

CentOS 7

sudo yum -y install https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm
sudo yum -y remove git git-\*
sudo yum -y install git2u

CentOS 6

sudo yum -y install https://centos6.iuscommunity.org/ius-release.rpm
sudo yum -y remove git git-\*
sudo yum -y install git2u

SCL

SCL の package をインストールするためにはまず centos-release-scl package で repository を追加する。

sudo yum -y install centos-release-scl

するとインストール可能な複数のバージョンがみつかる。CentOS 7 では centos-sclo-sclo repository に sclo-git25 (git-2.5.0) と sclo-git212 (git-2.12)、centos-sclo-rh repository に rh-git218 (git-2.18) と rh-git29 (git-2.9) と git19 (git-1.9.4) がありました。

しかし、SCL は使い方が面倒。rh-git218 を入れたとすると次のように scl enable を使う

$ scl -l
httpd24
rh-git218
$ scl enable rh-git218 "git --version"
git version 2.18.1

scl enable rh-git218 bash とすれば環境変数のセットされた状態の bash が起動するが、あまりやりたくない。セットされる環境変数はこれ。

$ cat /opt/rh/rh-git218/enable
export PATH=/opt/rh/rh-git218/root/usr/bin${PATH:+:${PATH}}
export MANPATH=/opt/rh/rh-git218/root/usr/share/man:${MANPATH}
export PERL5LIB=/opt/rh/rh-git218/root/usr/share/perl5/vendor_perl${PERL5LIB:+:${PERL5LIB}}
export LD_LIBRARY_PATH=/opt/rh/httpd24/root/usr/lib64${LD_LIBRARY_PATH:+:${LD_LIBRARY_PATH}}

source scl_source enable rh-git218 を .bashrc とかに書くこともできるけど、うーむ… (scl_source には “Don’t use this script outside of SCL scriptlets!” とコメントが書いてある)

というわけで、IUS の git を入れるのが便利。

まとめ

Visual Studio Code Remote Development は便利!!

Comments