Sponsored Links

WrodPress を Lightsail + CloudFront で構築する

IDCF Cloud が個人向けサービスを終了する

IDCF Cloud の個人向けサービスが終了することとなりました。これまで IDCF Cloud の500円/月サーバーで WordPress を運用していたため、他のクラウドサービスなどへ移す必要がでてきました。まあ、みんな500円インスタンスだけつかって儲からないとか、脆弱性放置で乗っ取られるとかありそうだからね。

引越し先選定

時代はコンテナだし、Kubernetes の勉強がてら出たばかりの DigitalOceanManaged Kubernetes を使って構築しようかとも思ったのだけれど、最小インスタンス1つだけで $10/月 かかり、Load Balancer でさらに $10/月、加えて Block storage も必要になります。これはちょっと高すぎだなあということで、AWS Lightsail の $3.5/月インスタンスを使うことにしました。CloudFront は以前から導入済みでした。DigitalOcean の Kubernetes は日本から一番近いシンガポールリージョンではまだ提供されていない(まだ Beta だしね)という理由もあります。

Lightsail には他の VPC サービスの様な(あ、EC2 にもありますね)アプリインストール済みイメージも選択可能なのでここから WordPress を選択します。Version が 4.9.8 となっていますが、起動後に更新可能です。

Lightsail の WordPress は Bitnami のパッケージが使われています。(Get Started With Bitnami Applications Using Amazon Lightsail)

データ移行

移行元の WordPress で Tools → Export で All content を選択して Export し、新しい WordPress で Tools → Import で WordPress Importer をインストールして取り込むだけです。画像も直接旧サイトから取り込んでくれます。

ということなのでインポートをする時点では DNS や CloudFront の Origin サイトを切り替えたりしてはいけませんん。

Bitnami の WordPress を使うにあたっていじったところのメモ

mod_expires 設定

/opt/bitnami/apache2/conf/expires.conf を次の内容で作成。

<IfModule mod_expires.c>
    ExpiresActive On
    ExpiresByType image/jpg "access 1 year"
    ExpiresByType image/jpeg "access 1 year"
    ExpiresByType image/gif "access 1 year"
    ExpiresByType image/png "access 1 year"
    ExpiresByType text/css "access 1 month"
    ExpiresByType application/pdf "access 1 month"
    ExpiresByType text/x-javascript "access 1 month"
    ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access 1 month"
    ExpiresByType image/x-icon "access 1 year"
    ExpiresDefault "access 2 days"
</IfModule>

/opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf でコメントアウトされている行をアンコメントします。

#LoadModule expires_module modules/mod_expires.so
↓
LoadModule expires_module modules/mod_expires.so

先程作成した expires.conf を Include する。

Include conf/expires.conf

/opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf の末尾に追加。

Apache の再起動

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

mod_pagespeed の無効化

mod_expires 設定を行っても mod_pagespeed が

Cache-Control: max-age=0, no-cache, s-maxage=10

をセットしてしまうので無効にする。

/opt/bitnami/apache2/conf/httpd.conf の当該行をコメントアウト。

Include conf/pagespeed.conf
Include conf/pagespeed_libraries.conf
↓
#Include conf/pagespeed.conf
#Include conf/pagespeed_libraries.conf

Apache の再起動

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

php.ini の変更

/opt/bitnami/php/etc/php.ini にあるので変更の必要があればここを書き換えて wordpress の再起動

/opt/bitnami/ctlscript.sh restart php-fpm

Response Header に PHP の Version を入れたくない場合は expose_phpOff にする。

expose_php = Off

https 対応

/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php
WP_SITEURL, WP_HOMEhttps に変更

define('WP_SITEURL', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');
define('WP_HOME', 'http://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');
↓
define('WP_SITEURL', 'https://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');
define('WP_HOME', 'https://' . $_SERVER['HTTP_HOST'] . '/');

この行の下に CloudFront 版の X-Forwarded-Proto 対応設定を挿入

if (strpos($_SERVER['HTTP_CLOUDFRONT_FORWARDED_PROTO'], 'https') !== false)
    $_SERVER['HTTPS']='on';

WordPress の再起動

/opt/bitnami/ctlscript.sh restart php-fpm

CloudFront を使って困ること

WordPress の preview は通常の URL に QUERY STRING がついているだけなので、投稿のプレビューができない or キャッシュされて機能しないという状況に陥ります。
URL の path にプレビュー用の prefix を入れるプラグインとかないかな?

https://gist.github.com/wokamoto/ecfd3a7ea9ef80ea1628 というのは見つけたけど。

現状は投稿する PC では hosts でサーバーに直接アクセスするようにして回避している

データのバックアップ

Lightsail インスタンスはスナップショットを作成することができます。

https://github.com/amazon-archives/lightsail-auto-snapshots という SAM を使った Lambda Function で自動化する方法があるようです

Comments