RancherのKubernetesにサービスをデプロイしてみる(2)

HAProxy

前回「RancherのKubernetesにサービスをデプロイしてみる」の続きです。
前回は guestbook-all-in-one.yamltype: LoadBalancer をアンコメントして Rancher の Load Balancer サービスが自動で構築されるようにしてみましたが、それぞれの Pod が NodePort で外部にポートを公開する必要はないんじゃないかなということで今回はアンコメントしないでそのままデフォルトの ClustrIP のサービスとして構築してみます。

変更の必要がないので YAML ファイルの指定に GitHub の URL を直接使えます

$ kubectl create -f https://raw.githubusercontent.com/kubernetes/kubernetes/master/examples/guestbook/all-in-one/guestbook-all-in-one.yaml
service "redis-master" created
deployment "redis-master" created
service "redis-slave" created
deployment "redis-slave" created
service "frontend" created
deployment "frontend" created

Deployments は前回と変わりません

Rancher Kubernetes Deployments

Services を見ると frontendExternal endpoints が空っぽです

Rancher Kubernetes Serivces no External endpoints

ここで Rancher の「KUBERNETES」→「Infrastructure Stacks」から「kubernetes-ingress-lbs」で「Add Service」の「Add Load Balancer」を選択します。

Rancher Kubernetes ingress lbs

Name」を適当に入力して「Target」に「frontend」を選択して作成すれば外部からアクセス可能になります

Rancher Add Load Balancer

Scale」で任意のコンテナ数を指定可能ですが、「Always run one instance of this container on every host」を選択すれば全てのホストで1コンテナずつ起動されます。
この LoadBalancer は HAProxy で Host ヘッダーや PathPort で proxy 先 Service を切替可能なのでこれ一つで複数のサービスに対応できます。Kubernetes のサービスは ClusterIP で作成してこの kubernetes-ingress-lbs で受ければ良さそうです。HAProxy からの proxy 先は1つの CLusterIP ではなく、そこに紐付いている各 Pod のです。今回の例では3つの frontend Pod が起動しているのでそこへ振り分けられます。HTTPS 対応も可能です、証明書は「INFRASTRUCTURE」→「Certificates」で登録したものから選択します。複数の証明書を指定可能です。

HTTPS LoadBalancer

コメント

  1. […] 続き「RancherのKubernetesにサービスをデプロイしてみる(2)」 […]