IIJmio から LINE Mobile へ MNP で乗り換えた

LINE MOBILE を使ってみようかなと思って IIJmio から乗り換えることにした。
FREETEL の 200kbps であれば3日間制限とかなく 20GB まで使い放題ってのも魅力ではあったものの LINE にしてみた。FREETEL はとりかえ〜るなんてのも魅力的ではある。

IIJmio はパケットの追加が割高なんですよね。息子が入院した際にテザリングで YouTube 見せてたら使いきっちゃって、さらに3日の通信量制限にもひっかかってしまった。この3日の制限は非常に厳しくてまったくもってまともにブラウジングもできない、パケットを追加購入するのも困難なほどです。Google Play Music とか Amazon Prime Music を 200kbps で垂れ流そうとしたときにもそんな制限を知らなくてひっかかってしまった。

端末は2015年に買った docomo SO-01G (Xperia Z3) もう Android 7 に更新できなくて辛い。ハードウェア的に不満は無いのに。
IIJmio は2014年10月に au から MNP で乗り換えてました。

ちなみに LINE MOBILE は2017年2月1日から400円追加で必要になるようです。
初期費用の改定について(SIMカード発行手数料400円が2/1より追加)

さて、申し込みページにアクセスしてみると謎の「エントリーコード」なるものが存在するようです。

エントリーコードで申し込み

ググッてみると Amazon でLINEモバイル 音声通話SIMエントリーパックというものが購入できるようです。

このエントリーパックは990円で購入することになるわけですが、これを使うと契約事務手数料3,000円が不要になるため2,000円ほど安くなります
というわけで、さっそくこれを購入しました。
1月21日の午後に注文して22日に到着しました。

さて、それでは申し込もうと思ったところ IIJ から MNP の予約番号を取得する必要があるのを忘れてたことに気づきました。
するとなんと MNP 転出手数料として3,000円必要とあるじゃないですか!!!マジか、盲点だったわー。
でもまあ仕方ないかと・・・

IIJからの転出 (https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/mnp.jsp#portout)

そんでまた「IIJmioユーザーは要注意!MNP転出に15日もかかる!」 てなブログを見つけてマジか!?と思ったわけですが今回はとってもスムーズに切り替えできましたよ

22日の夜に予約番号発行の申請をし、23日の夜に発行されました。
そこからすぐに23日中に LINE MOBILE の申し込みを済ませました。

申し込みに必要な情報は次のようになっています。本人確認資料をカメラで取ったりしてアップロードする必要があります。
クレジットカードが必要、デビットカードは不可とありますが LINE PAY でも良いらしい。

申し込みに必要な情報

翌日の24日には SIM カード発送の通知メールが届きました。そして25日には SIM カードが届きました。

SIMカード到着

SIM カードが届いたら LINE MOBILE の「MNP開通受付窓口」に電話をすると2時間後くらいに開通します。
この窓口の受付時間が「10:00~19:00 (年中無休)」なので帰宅後では間に合わなかったので26日に電話して無事切り替えが完了しました。

エントリーパックの購入は除外して LINE MOBILE への申し込み(23日)から開通(26日)で切り替え完了でした。
切替えに伴う通信ができない時間もわずかでスムーズでした。(ちょうどタイミング悪く切り替え完了後に私が SIM カードを入れ替えてなくて、妻からの発熱で辛いという連絡が受け取れなかったという問題はありましたが...)

IIJmio に切り替えた時は BIC カメラのカウンターへ行ったけど店側も慣れていなくってちょーー待たされたのを思い出した。
今はきっとそんなことは無いと思いますが。

IIJmio では「みおふぉんダイアル」を使っていたけど、IIJmio 契約がないと使えないので「楽天でんわ」に切り替えました。

みおふぉんダイアル

楽天でんわ

LINE 通話もパケットカウントされないっていうのが LINE MOBILE の売りなんだけど、普通の電話とちがってこれだと相手側の通信料も木にしないといけなくって困ったなという感じです。LINE Out を今度試してみよう。

LINE Out