DigitalOcean にて Rancher を試す – その1

Docker 1.11 の Swarm クラスタを運用しているものの、Kubernetes に切り替えようかなと考えていて Rancher って便利なのかな?と思い Rancher Meetup Tokyo #3 に参加してきました。

Rancher Labs の VP of Sales である Shannon Williams さんが多くの導入事例を発表されました。
youtube に Case Study が沢山あるようです。

Version 2.0 では RBAC が導入されるようでエンタープライズ環境に入れやすくなりそうです。

さて、DigitalOcean のチュートリアルに How To Manage Multi-Node Deployments with Rancher and Docker Machine on Ubuntu 16.04 というものがありました。
Rancher で何ができるのかを確認するためにこれをなぞってみます。

Rancher は Server と Agent があり、どちらもコンテナとして起動し、Agent が Server に接続にいく感じらしい。

Rancher Server の起動

チュートリアルにある手順ではブラウザから操作するようになっていますが、ここでは doctl を使います。
(サーバー1台起動させるだけなのでブラウザからの操作で十分ではあります)

Docker インストール済みの Ubuntu 16.04 のイメージを使います
CLI で指定するイメージ名を確認します

ytera@vaio:~$ doctl compute image list | awk '(NR == 1 || /Docker/) {print $0}'
ID		Name							Type		Distribution	Slug			Public	Min Disk
20842141	Docker 1.12.2 on 14.04					snapshot	Ubuntu		docker			true	20
21543639	Docker 1.12.4 on 16.04					snapshot	Ubuntu					true	20
21968259	Docker 1.12.5 on 16.04					snapshot	Ubuntu		docker-16-04		true	20

docker-16-04 ですね

1GB メモリのインスタンスを起動するので size1gb と指定します

$ doctl compute size list 
Slug	Memory	VCPUs	Disk	Price Monthly	Price Hourly
512mb	512	1	20	5.00		0.007440
1gb	1024	1	30	10.00		0.014880
2gb	2048	2	40	20.00		0.029760
4gb	4096	2	60	40.00		0.059520
8gb	8192	4	80	80.00		0.119050
16gb	16384	8	160	160.00		0.238100
m-16gb	16384	2	30	120.00		0.178570
32gb	32768	12	320	320.00		0.476190
m-32gb	32768	4	90	240.00		0.357140
48gb	49152	16	480	480.00		0.714290
m-64gb	65536	8	200	480.00		0.714290
64gb	65536	20	640	640.00		0.952380
m-128gb	131072	16	340	960.00		1.428570
m-224gb	229376	32	500	1680.00		2.500000

region は一番近いシンガポールにするので spg1

$ doctl compute region list | awk '(NR == 1 || /Singapore/) {print $0}'
Slug	Name		Available
sgp1	Singapore 1	true

Rancher サーバーは docker コンテナとして起動するだけなので次のスクリプトを user data として渡せばサーバーの作成とともに Rancher サーバーまで起動できます。

#!/bin/bash
docker run -d --name rancher-server -p 80:8080 rancher/server

これを user-data.txt として保存します。rancher/server イメージでホストの port 80 にコンテナを port 8080 をマップして起動させるだけ。

ssh の public key 指定は doctl compute ssh-key list で ID を確認して指定します

いよいよサーバーの作成です

$ doctl compute droplet create rancher-server --image docker-16-04 --region sgp1 --size 1gb --ssh-keys 76364 --user-data-file user-data.txt --wait
Notice: extracting volumes from []string{}


ID		Name		Public IPv4	Public IPv6	Memory	VCPUs	Disk	Region	Image				Status	Tags
37021557	rancher-server	128.199.xxx.yyy			1024	1	30	sgp1	Ubuntu Docker 1.12.5 on 16.04	active	

起動しました。

$ doctl compute ssh rancher-server
Welcome to Ubuntu 16.04.1 LTS (GNU/Linux 4.4.0-57-generic x86_64)

...

Last login: Thu Jan 12 10:22:56 2017 from 124.211.xxx.yyy
root@rancher-server:~# 

イメージの pull にすこし時間がかかりますが待っていると Rancher server が起動します

root@rancher-server:~# docker ps
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                            NAMES
da3eda013332        rancher/server      "/usr/bin/entry /usr/"   43 seconds ago      Up 41 seconds       3306/tcp, 0.0.0.0:80->8080/tcp   rancher-server

ブラウザで port 80 にアクセスしてみます。

Welcome to Rancher

Rancher user stacks

こんな画面が表示されます。

認証設定

初期状態では認証もなく誰でもアクセスできてしまうので、「ADMIN」→「Access Control」で認証設定を行います。

Rancher Access Control

  • Active Directory
  • Azure AD
  • GitHub
  • Local
  • OpenLDAP
  • Shibboleth

から選択できます。

https://docs.rancher.com/rancher/v1.3/en/configuration/access-control/

ここではチュートリアルに沿って GitHub 認証を設定してみます

GitHub にはアカウントがすでにある前提です。https://github.com/settings/developers で新しいアプリケーションを作成します。

GitHub Register a new OAuth application

Homepage URL, Authorization callback URL にはさきほど作成した Rancher server の URL を指定します。これでアプリケーションを作成すると Client ID, Client Secret が得られるので、これを Rancher 側に設定すれば完了です。

Rancher Access Control GitHub enabled

右下の English とあるところを 日本語 にすれば表示が日本語になります。

Rancher Access Control GitHub enabled (ja)

環境の追加

Rancher はアプリ(コンテナ)のデプロイ先クラスタを Environment と呼び、これを複数管理することができるようです。"dev", "test", "production" などをひとつの Rancher server から管理することができるということですね。それぞれが別のクラウドサービスであってもそこから Rancher server へアクセスできれば問題なさそうです。
ここではその Environment を追加してみます。

上部メニューの Default とあるところが Environment のメニューで、そこにある Manage Environments を選択します。

Rancher Manage Environments

Add Environment というボタンをクリック

Rancher Add Environtment

5つのテンプレートがあります Swarm は Swarmkit とあるので Docker 1.12 以降の swarm mode ですね

Name Orchestration Framework Networking
Cattle Cattle Network Services, Scheduler, Healthcheck Service Rancher IPsec
Kubernetes Kubernetes Network Services, Healthcheck Service Rancher IPsec
Mesos Mesos Network Services, Scheduler, Healthcheck Service Rancher IPsec
Swarm SwarmKit Network Services, Scheduler, Healthcheck Service Rancher IPsec
Windows Windows - -

テンプレートは次のようなかたちで追加することができます

Rancher Add Template

Name を k8s として Kubernetes テンプレートで Environment を作成してみました

Rancher Environment Added

Environment を作成したらそこへホストを追加して Kubernetes を構築する必要がありますが、ホストさえ用意すれば後はテンプレートに従って Rancher がやってくれます

上部メニューの Default 部分を今作成した k8s に切り替えます
すると、次のような表示になりました

Rancher Setting up Kubernetes

ぐるぐる回ってますが、ここで待っててもホストがないのでセットアップは進みません。上部メニューの INFRASTRUCTURE から Hosts を選択します

Rancher Hosts

まだホストがないので Add Host で追加します

Rancher Add DigitalOcean Host

今回は DigitalOcean なのでそれを選択し、Access Token を入力して次へ進みます
Access Token は https://cloud.digitalocean.com/settings/api/tokens で取得します

上の図に表示されていないクラウドサービス用の Machine Driver もあります

Rancher Machine Drivers

が、これは置いておいて DigitalOcean で進めます

Rancher Add DigitalOcean Host (2)

Name(数字部分は数にあわせてインクリメントされます)、Quantity(数)、RegionImageSize 等を指定して Create をクリック

Rancher Add DigitalOcean Host (3)

このような感じで状態がどんどん変わってゆき、ついに Kubernetes クラスタが完成するのです

Rancher Add DigitalOcean Host (4)

ただただインスタンス(Droplet)のサイズと数を指定しただけで Kubernetes クラスタが完成しました。便利すぎる。
etcd が 3 つ必要なので 3 台用意しましたが、リソースさえ足りていれば2台でも1台でも大丈夫なようです。もちろんホストの故障を考えたら 3 台以上が必要です。

が、、なぜか Kubernetes へのコンテナのデプロイができないな... どこがおかしいのか... やっぱり、こういう場合に困るよなぁ
KUBERNETESDashboard から Kubernetes Dashboard へアクセスできるはずですが Service Unavailable になってしまう
ちなみにこの Kubernetes Dashboard は直接外からはアクセスできないため、Rancher server が proxy するようです。

Kubernetes を動かすには Droplet のサイズが小さすぎたかな?
(後で 2GB メモリのインスタンス 3 台で試したら Kubernetes Dashboard にもアクセスできました)

Rancher Host Info

ちょっと Kubernetes 環境は置いておいて Default Environment にホストを追加してためしてみます。DefaultCattle なので単体の Docker ホストを追加して使うようです。Rancher の agent がコンテナとして稼働しています。

カタログから WordPress stack を追加してみました

Rancher WordPress stack

Public Port を 80 に指定してある

Rancher WordPress stack

起動しました。外からアクセスできました。ホストアドレスの Public Port で指定した port 80 でアクセスできました。
ということなので2つの WordPress をひとつのホストでどちらも port 80 というわけにはいかないということですね。

Scheduling Services に scheduling policies が書かれていました

  • port conflicts
  • shared volumes
  • host tagging
  • shared network stack: –net=container:dependency
  • strict and soft affinity/anti-affinity rules by using both env var (Swarm) and labels (Rancher)

Rancher の Load Balancer というのがどういうものか気になっている

夜も更けてきたので続きは次回

“DigitalOcean にて Rancher を試す – その1” への1件の返信

コメントは受け付けていません。